HOME > ファッション > TV Fashion

      [TV Fashion]ピとソ・ジソプ、ドラマの中の彼らのファッション
2006-01-12
棒キャンディーをなめている姿, いつも顔には傷だらけで頭や服もぼろぼろ。
髪もくちゃくちゃで何か不満が溢れんばかりな二つの目。ドラマ「このひとでなしの愛」で浮び上がるピ(カン・ボック役)の姿だ。ピはこのドラマの中で現実と愛の間で徹底的に壊れるちょっと重い役目を引き受けた。
ドラマ初期 異種格闘技選手だった彼はピだけの荒い魅力を精一杯発散しながらカン・ボックの役を 100% 消化させた。特にファッションスタイルは彼に外すことができない部分だった。
言葉どおり‘完璧なビンテージ’ スタイルだった。

しかし話題を集めたピのファッションを見た人々は各々考えるでしょう。
‘どこかでよく見たことのある格好みたい?’などの言葉だ。前に‘ごめんね 愛してる’を憶えているだろうか?
そのドラマからピに似た痛みを持ったソ・ジソプは(チァ・ムヒョク役) ‘このひとでなしの愛’のピのコンセプトとあまりにもそっくりだ。二つとも深い傷と痛みを持っていたし悲しい結末も似ている。甚だしくは頭からツマ先までその荒い雰囲気はどこか本当に似ている。
さあ ,それじゃこのふたつのファッションを条目別に比べて見よう。どっちがどれだけかっこいいかよりただ, この素敵な二人を比べるということだけでもファンには楽しみになるからである。
★’ごめんね 愛してる’のソ・ジソプ(チァ・ムヒョク)★
海外へ養子にごろつき、血縁に対する憎悪と復讐心のかたまりのキャラクターを作り上げるために荒いスタイルと暗いカラーを主に使ったソ・ジソプはヒップホップスタイルとレゲエヘアー、ピアスをしてビックサイズのスニーカーに頭にはバンダナをかけた。時にはヒッピースタイルで古くて粗悪な感じのジャンパーや破れたジーパンなどをお目見えして新しいファッションスタイルを作り出した。レゲエヘアーとバンダナのミックスは当時彼を思い浮かばせる最大のアイテムでもあった。
★’このひとでなしの愛’のピ(カン・ボック)★
一人の女と成就することができない愛を演技するピは‘化石のように固くなった心臓’という表現のように冷静で冷たいキャラクターだ。いつも傷が付いている顔には絆創膏が付けられていてする仕事もほとんどやくざの水準だ。
しかし寂しさをたたえる荒い目つきはソ・ジソプと似ている。
カーキやブラウン系列の服をレイヤードさせカーゴパンツ、帽子と一緒にミックスして着る彼のスタイルはまるでとても古く服がぼろぼろになったような感じの‘ビンテージモード’が特徴だ。ヘアスタイルも今まで見て来たピの姿とは違う姿で彼の男性的な面をもうちょっとうかがうことができる。ピもやはりソ・ジソプのようにひげを生やしたが、ひげはソ・ジソプの方がもっとよく似合っているような…

editor キム・ミンジョン
写真: innolife /ミン・ウンギョン記者
NEWSIS